週刊新潮の記事について

 

 この度、「週刊新潮」2015年10月1日号(発行会社:株式会社新潮社)に天地真理をとりあげた記事が掲載されました。


 これは事前の取材申し入れが無く、同誌記者が突然天地真理の住まいを訪れてインタビューし、記事にしたものです。取材時には天地真理に対して企画書の提示やどのような記事を書くか等の丁寧な説明も何ら無く、「老後破産」というテーマを大きく掲げる目的の為の誘導的な質問がなされ、その質問に不安を覚えた天地真理の表情も撮影されました。そして取材後に記者は名刺を置いていくこともありませんでした。天地真理は優しい人柄でございますので、急に訪ねて来た年下の記者に対し、無下に追い返すことをせず接しました。天地真理の優しさにつけ入り取材がなされたことを皆様にお伝えさせていただきます。

 

 この記事は「老後破産」について書かれたものですが、上に書きましたように、このデリケートで深刻な社会問題と天地真理は何ら関係がございません。天地真理は決して破産者ではなく、破産状態にも陥っていません。更に、「週刊新潮」の発行会社株式会社新潮社は書籍(単行本)「老後破産―長寿という悪夢―」NHKスペシャル取材班著の発行会社でもありますが、その書籍(単行本)の販売促進に「週刊新潮」の記事や天地真理の写真が使われておりますのは、人道的な面で許されることではございません。

 

 皆様に問題としてご理解いただきたいのは、人権を無視した己のご都合主義の取材によって、このデリケートで深刻な社会問題であります「老後破産」に関する「週刊新潮」の記事の中で、天地真理が「老後破産」をしているという断定的記載が無くとも、記事を読んだ人々の思考がそれに結びつくような文章になっておりますことと、現在では、それを断定するようなインターネット上の書き込みが溢れていること。又、株式会社新潮社は「週刊新潮」の記事を書籍(単行本)の宣伝に利用しているとみられることも大きな問題と捉えております。これは天地真理の評価への大きな誤解を招き、青木眞理(天地真理の本名)の人権を無視し、侵しております。更に、日頃から応援して下さっているファンの皆様、関係者の皆様に大きな苦痛をもたらしております。

 

 皆様におかれましては、どうかこの記事に対して過剰な反応はお控え下さいますよう、ご理解頂きたく存じます。

 

2015年10月25日

天地真理ファンクラブ事務局
青木眞理(天地真理)代理人
弁護士 奥 田  保

                       

天地真理 
天地真理 

天地真理メッセージ
「歌」について・・・
音 楽/子守唄「母の愛」
作 曲/天地真理
ピアノ/有木竜郎
天地真理ファンクラブ事務局スタッフ facebook 始めました!

ツイッターとあわせて 最新イベント情報などを発信して参ります。どうぞ、ご利用ください!

祝♪ 天地真理ファンクラブからオリジナルCD発売中!

天地真理 の初作曲作品 子守唄「母の愛」ほか収録!

 SHOPページ で試聴できます。

ファンクラブ事務局スタッフTwitter

JASRAC許諾番号:S1207052489
JASRAC許諾番号:S1207052489

当ホームページで使用する天地真理の画像の著作権は株式会社ソニー・ミュージック・ダイレクトに帰属し、当ホームページは使用許諾を得ています。