掲 示 板

 

CDや歌などを聴いたご感想をお寄せください。

 

皆さまの天地真理への 温かいメッセージを

 

お待ちしております。

皆さまへのお願い(書込みのルール)

  • ファンの方ならどなたでも自由にメッセージをお寄せいただけます。
  • 掲示板内での個人的な情報のやりとりはご遠慮下さい。
  • 電話番号、メルアド、住所等の個人情報は書込まないで下さい。
  • 他サイトへ リンクを貼って誘導することは避けてください。
  • ポスターなどの物品交換・販売・斡旋・紹介などはご遠慮下さい。 
  • 誹謗・中傷・猥褻等公序良俗に反する内容は書込まないで下さい。 
  • 掲載されるまで多少の時間がかかります。(承認後掲載)
  • 掲示板上では、あくまで天地真理へのメッセージをお書き下さい。
  • ご質問などは、別ページの「お問合せ欄」をご利用下さい。
  • 上記ルールが守られない場合、事前通知なしに書込みを削除することがあります。

掲示板リニューアルのお知らせ

※皆さまからお寄せいただいたコメントは、すべて大切に保存しております。再表示につきましては、あらためて、このページにてお知らせいたします。なおメッセージは、いままでどおり、下記フォームより、お寄せいただけます。皆さまの温かいメッセージをお待ちしております。
コメント: 225
  • #225

    ソニー (月曜日, 04 6月 2018 12:23)

    水色の恋 シングル発売と同時に買いに行ったのがつい先日のように思い出されます。
    同時に今まで…今でもずっと大ファンです。
    あなたの元へいそいそと…想い出のセレナーデ そのレコードも発売と同時にいそいそと買いに走りました。 その歌声 その表情 聴くと見るとなぜだか涙が溢れて止められなくなります…
    人生色々あるのは人間誰しも同じ 真理ちゃんもたった一人の人間 ブラウン管の中のロボットではないのは よく理解できますし 逆に普通の人である事に安心感もあります。そんな事も全て含めて 私は 雑誌の切り抜きで自分専用の真理ちゃんのアルバムを作ってた頃から 今でも 今も大ファンです。
    身体を大切に無理のないように 私達ファンのために細く長く活動していてほしいと切に思います。
    長々と気持ちを連ねました すみません。
    どうか少しでも気持ちが伝わって 元気でいて下さい。
    ファンクラブがあるのを最近知りました 近日必ず入会しようと思っています。
    スクリーンであっても 足を運んで真理ちゃんに会えると たぶん私は涙の海に溺れる事と思います。

  • #224

    埼玉の真理ちゃんファン (月曜日, 04 6月 2018 00:50)

    約一年ぶりの投稿となります。
    実は昨年9月に体調を崩し約一カ月間入院しておりました。
    入院中にはスマホにダウンロードした真理ちゃんの歌声を聴いてとても励みになり元気づけられました。
    お陰様で回復力も早く日常生活も支障なく過ごせております。
    さて、5月27日に上映された【天地真理オンステージ】スクリーンコンサートに行ってきました。
    超オススメとファン皆様のイチオシの必見コンサートだけはあります。
    臨場感溢れる会場内に響き渡る真理ちゃんの歌声が、まるで隣で歌っているかのような錯覚にとらわれました。
    そして真理ちゃんの優しい語り口、さすが白雪姫。
    ミッシェルポルナレフやカーペンターズがマイフェイバリットソングで自分と好みが同じだなと思い内心うれしく思いました。
    また、真理ちゃんの歌声が聴きたくなり、グッズコーナーでゴールデンベストのCDを購入し会場を後にしました。
    今度は【私は天地真理】のスクリーンコンサートに行ってみたいと思います。

  • #223

    (月曜日, 04 6月 2018 00:06)

    YouTubeで眞理さんの映像を見ました。何という綺麗な方で、歌も素晴らしいと感動しました。眞理さん、どうか 頑張ってくださいね!
    Wish you all the best from the from the bottom of my heart !

    オーストラリア在住している元上海出身の華系人より

  • #222

    幸せを売る男 (火曜日, 01 5月 2018 09:29)

    こんにちは!新緑の季節、いかがお過ごしですか?今年は季節が少し急いでいるようですね。
     ところで、昨年会員にさせて頂いて以降、日々真理ちゃんの歌声を聴き、そして一緒に歌わせて頂いているのですが、真理ちゃんの発声を真似しているうちに、とても楽に声が出るようになりました。実は高校時代に合唱部にいたのですが、なかなかうまく声が出なくて・・・。力が入っているのはわかるのですが、すぐ喉が痛くなったり。
     それが今はいくら歌っても平気です。いい声を出そうと意識しなくても良い。息の流れがそのまま音になる感覚。しゃべりが音楽になるので、自分で言うのもナンですが、表現の巾が広がった気がします。ppからfまでスムーズに移行できますし、ppで音を保つのもできるようになりました。今まではもっとギクシャクしてたのですが・・・。57歳にして初めての感覚です。昨年は不整脈を治して頂き、今回は発声指導まで。子供の頃楽しい想いを頂き、いままた恩恵ばかりで申し訳ないような気持ちです。

  • #221

    40数年遅れてきたオジサン (木曜日, 22 3月 2018 09:04)

    真理ちゃんと同世代です。
    当時は特にファンという訳でもありませんでしたが、世の中にこんな可愛い女の子がいるんだ~と思ったことを覚えています。
    最近偶然ネットで真理ちゃんを見つけ少しハマっています。当時の真理ちゃんの画像を見ても今時のアイドルと比べるとレベルが違います。澄んだ歌声屈託のない笑顔、本当に白雪姫そのものです。

  • #220

    幸福を売る男 (日曜日, 18 3月 2018 20:36)

    こんにちは! 本年4/1でファンクラブが8年目に突入とのことですね。おめでとうございます。そして、有難うございます。思えば東北の震災が起きてから間もなく、社会の動揺がまだ収まらない時期の船出。モチベーションを保つのに大変エネルギーが要ったのではないでしょうか?私も、ガソリンを20L分けてもらうのに5時間並んだ記憶があります。どうなっちゃうのかと思いました。
     そしてあの月は、元キャンディーズのスーちゃんが亡くなったのでしたね。21日でした。
     昔からそうなのですが、私は真理ちゃんとスーちゃんのイメージが近しいように感じてました。これには異論反論噴出だとは思いますが。実際、よく見ると似てないし、声は全く違うし、恐らく性格も違うのでしょう(スーちゃんはA型、真理ちゃんはO型でしたっけ、血液型)
     何故なんだろうと考えてみると、まずは顔の輪郭と体型。このあいだキャンディーズの昔の映像を見てたのですが、コスチュームがからだの線にぴったりのもので、「ああ、そうだった」と思いました。スリムが良いといってるわけでは全くないですよ、誤解無きように。むしろ好ましいと思ってます、私は。
     それゆえかもしれないのですが、母性を感じるんです、お二人には。これが大きいのかもしれません。真理ちゃんの声やそれに乗ってくるハートには包容力を感じていたし、スーちゃんは後年、実際のところあの世代の母親役の女優の代表格になってしまいました。実子は居られなかったようですが、ドラマでの息子や娘が数十人に上るそうです。
     それと、おふたりとも不器用と言うと言いすぎかもしれませんが、世慣れていない印象がありました。たまに見せた小さな破綻。でもそれは瑕疵ではなく、一所懸命ゆえの逸脱、むしろ魅力でした。こう言うとお気を悪くされるでしょうか?でも違うんです。世の中って器用な人ってそんなに多くないような気がします。見渡せばむしろ不器用な人のほうが多いような気もするのです。私もその一人、結局8回もの転職人生でした。だから、お二人を身近に感じたのかもしれません。だから、「がんばれ!」って言ってたような気がします。
     スーちゃんは残念でした。知らなかったのですが、乳がんを患って、再発・治療を繰り返しながら、19年間も闘病していたのですね。その間家族以外には知らせることなく女優業を続けていた。ランちゃん、ミキちゃんでさえ知ったのは亡くなる3年前だったそうです。もともと、芸能界への復帰は6歳下の弟さんの希望。彼は19歳で骨肉腫を患い亡くなったのだとか。「普通の女の子に戻りたい」と引退して2年後の復帰には、当時バッシングもあったようです。
     今回はスーちゃんの話になっちゃいました。ごめんなさい。ちなみに4/8がお誕生日とのこと。4月に生まれ、そして旅立ってしまったのですね。

  • #219

    色鉛筆 (木曜日, 15 3月 2018 21:18)

    桜の開花が始まりました。春爛漫ですね。 今冬が寒さ厳しかったこともあり生き生きとした解放感に満ちています。真理さんいかがお過ごしですか。
     昭和48年の欧州旅行のこと。
     3/27甲子園での応援を済ませた後 東京へ戻った真理さん。 夕方羽田空港へ駆けつけた真理さんは夜行便でロンドンへと旅立ちました。ヒースロー空港に朝方到着。その足でロンドンを巡りました。バッキンガム宮殿のいかつい儀礼兵、表情を変えないことで有名ですが、真理さんがほほ笑むとたまらず微笑み返しました。 ビッグベンを背景に大人っぽい真理さん。 パリでは、カフェでのおすまし顔の真理さん、エッフェル塔の公園でジャンプする真理ちゃん、 ノートルダム寺院を望む橋の欄干にちょこと腰掛ける真理ちゃん、ブローニュの森で少女と触れ合う真理ちゃん、120%旅行を楽しんでいましたね。 そんな真理ちゃんの写真を見ていると私自身もとても楽しくなりますね。 
     帰国したその日のうちに歌番組に出演していたようですが、疲れも然程感じていなかったのでは。 今でもとても楽しい思い出の一つのことでしょう。

  • #218

    ひろし (水曜日, 14 3月 2018 19:20)

    真理さん、バースデイカードありがとうございました。

    真理さんの歌の素晴らしさに目覚めて早3年。カードも3枚目になりました。
    心温まる、手書きのメッセージに毎回感動しています。

    毎日、真理さんの歌声を聴き続けていると、まだお会いした事もないのに、旧知の友のように感じてしまいます。

    そんな、「心の大親友」である真理さんにお会い出来る日が来る事を夢に見ながら、今日も「明日へのメロディー」を聴いています。

    もうすぐ桜が咲きますね。永遠に咲き続ける花のように、ファンの心を暖かくしてくださる真理さん。いつまでもお元気で、素敵に歳を重ねていって下さい。

  • #217

    カンカン (日曜日, 11 3月 2018 20:57)

    こんばんは。
     私の初めてのLPレコードは小学校の頃に祖母に買ってもらった天地真理さんの「ちいさな恋/ひとりじゃないの」でした。真理さんのLPは何度も聴き、今も持っています。付録だった真理さんのバッハとショパンのピアノのシングルのおかげでクラシックも聴くようになり、ビートルズを「レット・イット・ビー」から好きになったのも真理さんからの影響だと思います。
     私も前の方と同じように、真理さんの声は角がなくて優しく心に響くので、今も疲れたときに「水色の恋」などを何度も聴いて癒されています。友達と一緒に映画館に「虹をわたって」を見に行ったのも懐かしい思い出です。
     今人生を振り返って、真理さんの音楽に出会えたことを心から感謝しております。まだ寒い日が続いておりますが、どうか体調にお気を付けください。

  • #216

    幸福を売る男 (土曜日, 03 3月 2018 13:31)

    こんにちは!真理ちゃんのFB読みました。J・バエズさんやI・バーグマンさんに会ったんですか!いくら真理ちゃんとはいえ、当時はデビュー1年ちょっとの新人さん。なかなか会えないですよね。渡辺社長夫人のおちからでしょうか?それともフランス通の安井かずみさんのコーディネートでしょうか?
     安井さんといえば「ちいさな恋」の作詞者。真理ちゃんのオリジナル第一作にしてオリコン1位初獲得作品。安井さんは当時既に売れっ子作詞家でしたから、もちろん当初は事務所のオファーでしょうが、この旅といいまた後年の「小さな人生」の作詞といい、割と長いお付き合いがあったのではないでしょうか?年齢的にはちょっと年上のお姉さんですが、パリ好きの真理ちゃんとしてはウマが合ったのではないでしょうか?
     惜しくも早世されてしまいましたが、もし「思いのままに生きた度」というものさしがあったとしたら、だいぶレベルの高い人のような気がします。イタリアンレストラン「キャンティ」に集った才人の中心メンバーとして有名ですが、もしかして真理ちゃんも「キャンティ」族? だとしたらそんな話も聴いてみたいですね。
     ところで、真理ちゃんの最新画像、拝見しました。だいぶシュッとされてスタイリッシュになられましたね。充実されているご様子なので安心していますが、無理だけはなさらないように願ってます。お元気でいてさえくれれば “♪満たされるの~♪”というファンは多いのではないかしら?どうぞお心のままにお過ごしください。

  • #215

    あられ (金曜日, 23 2月 2018 19:22)

    ほんとうに、おきれいになってますね。人柄がよくでている写真ですね
    変な噂にまどわされず、また、テレビに出てください

  • #214

    丸尾ツネ子 (金曜日, 23 2月 2018 00:09)

    この季節になると、毎年「風花のさよなら」を聴きたくなります。
    私の住む地方では、風花を見ることはできません。
    それでも、春のたよりをまだかまだかと待ちわびながら青空の下、
    冷たい風の吹く日には、風花のさよならの風景を重ね合わせています。
    天地真理さんの数多くの曲の中でも、私は風花のさよならがいちばん
    好きです。風花の舞う瞬間を切り取って、まるで静止画を連続させた
    ような非常に絵画的な雰囲気の中にも、一番から二番へと、移り行く
    心情も鮮やかに、天地真理さんの歌唱もまた綾に富んでおり、
    それは青空と風花の白、そこに一筋の春の光や、または木の芽立ちの
    兆しといった淡い彩りをそえてくれます。素晴らしい歌唱、個性的で
    ありながらもそれを主張するのでなく、あくまでもその楽曲にそった、
    楽曲を引き立たせる歌唱は、それはそれは素晴らしいと思います。
    もっともっと、ラジオなどで紹介していただきたいと願っております。

  • #213

    KAZ (日曜日, 04 2月 2018 20:16)

    歌姫「天地真理」 その歌声と姿に再び感動の涙!

    銀座でのスクリーンコンサート「私は天地真理」。
    「できることならもう一度観たい、聴きたい♪」と思っていた所でした。
    何度観ても(聴いても)、「スゴイ・・・」の一言。
    マネジメントの枠に収まりきらない程のスケールの大きさと美しさを、またもや思い知らされてしまいました♪
    「矢車草」「水色の恋」、この歌の詞の美しさを余すところなく伝えてくれる歌声は、何度聴いても心をゆさぶられ、何かとても優しい気持ちになり、気が付くと涙があふれてきます♪
    やっぱり「来て(行って)よかった♪」「観て(聴いて)よかった♪」
    「真理さんに会えてよかった♪」
    今言えるのは、ただそれだけです♪

  • #212

    幸福を売る男 (火曜日, 30 1月 2018 18:03)

    こんにちは!寒いですねー、寒くて寒くてやりきれない。近頃は真理ちゃんの歌声で暖を取ってます。真理ちゃんの声ってまるで輻射熱のようにじんわりと暖めてくれます。
     ところで知らなかったのですが、ラジオ深夜便で真理ちゃん特集があったのですね。昨秋ytにアップしてくれた方がいて。NHKなので坦々と曲紹介が進むだけなのですが、面白かったのは「日比谷でデートに5,000人」とのエピソード紹介でアナウンサー氏が「私も行きました」と言っていたこと。あの中に長じてNHKに入局する人がいたんだ。集まった方たちはお一人お一人どんな人生を歩まれたのでしょうか?
     さらに興味深かったのは「小学生が多かった」という証言。そうなんだ!真理ちゃんの登場にまず反応したのは子供たちだったんだ(私もその末席にいますが・・・)。それで子供向けの冠番組が企画されたのか。
     でもこの状況って真理ちゃんご自身やスタッフの方は、デビュー前に予測されたのかしら?
     真理ちゃんはフォークで世に出たかったわけですよね?本田路津子さんややまがたすみこさん、イルカさんのようなスタイルでしょうか?
     でも!真理ちゃんの行くところ、集まっちゃうわけだ、子供たちがニコニコしながら。4~5頭身の人たちもいたでしょうか、誰かに連れられて「まりちゃん、まりちゃん」と言いながら。
     歌詞の中での男性像って、少し年上のイメージがありますね。もちろんその年頃や真理ちゃんと同世代のファンの方も大勢居られると思いますが、来ちゃうわけですよ。チビッ子が目を輝かせながら。ぴょんぴょんジャンプしたりしてね。
     正直なところ「マイッタなあ」ってことはなかったですか?
     子供たちは嬉しかったんですよ。その頃歌謡曲はまだ大人のものだったように思います。歌ってましたけどね、意味もわからず「に~げ~たあ~にょうぼにゃ~」とか「こいび~とにふられ~たの」だの「わたしが~ささげた~」とかね。でも大人を前にしては憚られるというか・・・
     一方GSやフォーク、洋楽は、普通の子はかなり背伸びをしなければならない。いましたけどね、大人振ってカッコつけてる子は。
     そんなときアイドルの世界を拓いてくれた真理ちゃんに多くの子は目を奪われたのだと思います。
     尤も、子供って移り気だし、時に残酷でもありますね。アイドルがどんどん自分たちの世代に降りてくる中、いまでこそ真理ちゃんのしみじみした歌のほうが好みですが、当時の自分にうまく反応できたか心もとないです。やっぱり、元気ハツラツの真理ちゃんを望んだかもしれません。でも、いつまでもそんなふうでいられる訳もないですよね。何か言い訳みたいになっちゃたですね。
     長くなりすぎました。でも間違いなく真理ちゃん、功労者ですよ。真理ちゃんを見て「わたしも歌いたい!」と思った子は多かったはずです。

  • #211

    KAZ (日曜日, 21 1月 2018 20:25)

    新年の挨拶もせず、大変失礼しました(汗)!
    二ヶ月ほど日本を離れていたもので・・・(大汗)
    帰国そうそうスクリーンコンサートの告知♪
    なんと銀座のシアターでの上映♪しかも「私は天地真理」♪
    これはもう行くしかありません♪
    この数ヶ月、私の中から消えたことのない「水色の恋」「矢車草」「童話作家」そして「告悔」・・・・・
    あの歌声、歌う姿にもう一度会えるのだ!!
    ワハハ!!生きてて良かった~♪

  • #210

    色鉛筆 (日曜日, 07 1月 2018 22:13)

    あけましておめでとうございます。よき新年を迎えられたことと思います。
    新年になっても旧年同様変わらず真理さんの歌声を聴いています。真理さんの声は独特の個性があります。 発音に角がなく非常にまろやかなことです。凄く優しく耳から胸へ入ってきます。 声の綺麗な歌手は数々いますが滑らかさ、優しさ、温かさでは何と言っても真理さんでしょう。 大きな音を出せない都合上いつもイヤーホンで聴いていますがスピーカーで聴けたらと思っています。今年の冬は例年より寒くなるとのこと、お体を大切にお過ごしください。私は今年一年、真理さんの歌声を聴き続けていきます。

  • #209

    幸福を売る男 (日曜日, 31 12月 2017 22:59)

    今晩は。今まで折に触れて、自分が一番好きな曲って何だろうと考えることがままありまして、いつも真っ先に浮かんでくるのが“あの坂の道で~”というフレーズ。ただ、タイトルは思い出せないし、歌っていたのは浜田朱里さんだったのではとうっすら覚えている程度。
     今年、たまたま「70年代の青春歌謡」というCDを買ったのですが、その中に真理ちゃんの「ひとりじゃないの」と「想い出のセレナーデ」が入っていました。「想い出のセレナーデ」ってどういうんだっけと聴いてみるとまさにあの曲。浜田さんがカヴァーだったんだ。
     それから、プレミアムBOXを買って改めて真理ちゃんの歌をすべて聴いてみました。まず突き上げてきた気持ちは、自分ごときが言うことではないのですが、「真理ちゃん、ごめんなさい。あんなに頑張っていたのに本当に申し訳なかった」という後悔の思いでした。
     特に「想い出のセレナーデ」以降のシングル4曲の味わい深さにはビックリしました。「矢車草」や「夏を忘れた海」、小谷夏さん作詞の歌もいいですね。
     「想い出のセレナーデ」は恋人を追慕した歌ですが、今や自分には青春そのものの追憶、もしかすると過ぎ去った人生すべてをいとおしむ歌に転化してしまったようです。今はこの曲のおかげで真理ちゃんに再会できてとてもうれしいです。真理ちゃんには「なあに、今頃になって」と言われそうですが・・・

  • #208

    コスモス (金曜日, 29 12月 2017 18:16)

    まりさんの全盛期、私は四国の小学生でした。
    テレビで、まりさんの歌を漫然と聴いて育ちました。
    最近まりさんのことが新聞に載っていて、
    思い出してユーチューブでうたを聴きました。すんなりといろんな歌を思い出しました。綺麗な声が心に染みて、毎日聴いています。

  • #207

    CatTuba (火曜日, 26 12月 2017 00:31)

    真理さん、素敵なクリスマスカードありがとうございました。
    今年は、私個人的にはいろいろあって、特に前半は、くじけそうなときもありましたが、ちょうどそんなときにネットで真理さんの映像をたまたま見る機会がありました。真理さんの歌う姿をちゃんと見るのは約40年ぶり。真理さんの歌声を聴いていたら、幼い日の記憶が次々によみがえってきて、涙が止まらなくなってしまいました。
    それ以降、真理さんの歌を聴くこと、真理さんの歌う姿を見ることが僕の心の支えとなり、くじけそうだった心もすっかり回復。今では、昨年以上に良い状況となりました。来年はいよいよスクリーンコンサート、そしてCD-BOXも欲しいな、と楽しみは尽きません。真理さん、ありがとうございます。来年も良いお年となりますように。

  • #206

    フーテンの寅太郎 (水曜日, 20 12月 2017 19:02)

    親愛なる真理様へ
    クリスマスカードありがとうございました。
    この年齢(68)でカードをもらえるなんて嬉しい限りです。
    時々 you tube で拝見しています。昭和のアイドルは歌の振りも可愛くてほほえましく、品があり、愛くるしい人達が多くいましたね。真理ちゃんはピカ一ですヨ。今のアイドルは動き回っていてばかり、歌はガナリ立て、叫び立て、騒々しい限りです。直接イベントに行く機会はありませんが、ずっとファンであり続けます。寒さの折お元気で。

  • #205

    幸福を売る男 (日曜日, 10 12月 2017 20:44)

    こんばんは!先日真理ちゃんと高速をドライブしてきました(ナンチャッテ!)。仕事で長野道、北陸道、関越道を巡ってきたわけなのですが、カーステレオのヴォリュームを上げて、真理ちゃんの歌声とハモりました。もとより、素人の我流なのでうまくはいきませんが、キマると超気持ちいいですね。真理ちゃんの声ってハモりやすい気がするのですが、どうでしょうか?
     ところで、雑誌の「昭和40年男」の記事を読んで、彼らにとって「水色の恋」のインパクトが強いというのを知り、意外の感をもちました。当時彼らは未就学児ですよね。同曲は独白のどちらかというとスローなバラードですよね。これがもし、アップテンポの振り付けの入った曲だったら、人マネが大好きな年頃の子たちにはウケると思いますが・・・。とすると曲そのものではなく、その他の要素、例えば、真理ちゃんの歌声そのものや絵姿。それに真理ちゃんって本当に楽しそうに歌いますよね。そうしたことが直接に響くのでしょうか?渡辺音楽出版の中島さんが、真理ちゃんの歌声を初めて聴いて「なんだ、これは!」的なことを思ったと言ってますが、無意識に彼らも同様のことを感じ取ったのかもしれませんね。
     そこで俄然興味が湧くのは、筒美京平さんが真理ちゃんの声について何か言ってないかなということ。例えば、岩崎宏美ちゃんへは「人は君の高音を褒めるかもしれないが、君の最も美しいのは中低音であることを忘れないように」と言ったり、麻丘めぐみちゃんには「中音から高音にかけて、人が好きになる響きがある」と言ったりしています。(いずれも彼女たちご本人が放送で言ってました。)私も深くうなずいてしまいます。
     真理ちゃんにも何曲も筒美さんの曲ありますね。真理ちゃんの声については何か言ってないでしょうか?

  • #204

    幸運を売る男 (水曜日, 29 11月 2017 22:33)

    こんばんは。時間が経ってしまいましたけど、11/5のお誕生会、初参加させて頂き、真理ちゃんの元気そうな姿を拝見できて嬉しかったです。
     ところで、こんなシーンがありましたね。バースデーソングを歌う際、司会の方が少し手間取っていると、「私がやりましょうか?」と真理ちゃんが助け舟を出して、合唱をリードして歌い始めました。“おお、Happy birthday to meだ”と私など秘かに微笑ましく見てたのですが、後日、「あ、あれは真理ちゃんならではのことだったのかも」と、ふと思いました。
     というのも、その日「ゴールデンベスト」のCDを買わせて頂いて、後で聴いてみて、「おっ」と思ったことがあって。「アタック、真理ちゃん」のテーマソングで、これは公開録画なのでしょうか、合いの手の真理ちゃんコールの大合唱。この番組は子供が主対象だったのか、低学年の子供たち(恐らく未就学児も)の黄色い声に重なるように若い男性の蛮声。ちっちゃい子と野郎共が声を揃えての大声援。
     これって、何の変哲もないことなのかもしれないのですが、私には結構不思議です。小さい子って野郎共の蛮声には萎縮しがちだし、若い男性は子供の多いところでは気恥ずかしく、敬遠しがちです。真理ちゃんにはそうした、気兼ねや拘り、序列や垣根を外してしまう力だあるのでないでしょうか。
     そういえば、真理ちゃんは初めの頃から、「みんなの真理ちゃん」って言われてましたよね。他に「みんなの・・・」が頭につく人っているかしら? 尤も、そうした「真理ちゃんパワー」に真理ちゃん自身は苦しまれたかもしれません。また、その突破力、乗越えて来る力に脅威を感じた人がいたかもしれませんね。
     お誕生会でのワンシーン。真理ちゃんらしさが垣間見えたかなと勝手に思ってます。

  • #203

    幸福を売る男 (水曜日, 22 11月 2017 20:50)

    本日(11/22)に神保町シアターで「虹をわたって」を見てきました。
    私が小学6年の時の作品なので、その頃の気持ちを思い出しながら・・。懐かしい顔がいくつもありましたね。思えばあの頃は、まだまだ結構猥雑で粗野だったけど、社会に許容量があるというか、エネルギーが溢れてました。今はなにもかも洗練されてキレイになったけど、忖度したり、空気読んだりで、かえって息苦しく、生命力が弱まってる気がしますね。私たちが悪かったのでしょうか?
     真理ちゃん、結構緊張感が伝わってきましたよ。でも個人的には、真理ちゃんも水をかぶって頑張っていたけど、継母役の日色ともゑさんが細い身体でぽっちゃり気味の真理ちゃん(ゴメンナサイ)を背負って、長セリフを吐きながら、急な坂道を登っていくシーンが印象に残ってます。日色さんの民藝魂でしょうね。あれがきっかけで二人は受け入れあうようになるんですよね。
     「ママの子守唄」も良い歌ですね、シンプルで短いフレーズだけど、真理ちゃんの声の本質(私は“母性”じゃないかと密かに思っているのだけど)を、声質とも相俟ってよく示している気がします。
     ひとつのシーンがまるで啓示のように(ちょっと大げさですが)心に残ります。真理ちゃんが競艇で大穴をあてて、みんなに騎馬戦のように担がれるシーン。これからもファンみんなで真理ちゃんを担いで行きたい。そして次の世代に渡したい。素敵じゃないですか、今はまだ誰も知らない人たちが同じように真理ちゃんを担ぎ上げてるなんて!まるで伝統芸能ですね(笑)。「真理ちゃんを未来へ!」プロジェクトの夢想でした。

  • #202

    ペダル (水曜日, 22 11月 2017 20:07)

    バースデイカードをお送りくださり、有り難うございました。
     真理さん、どうぞ、お体ご大切に、お健やかにて、今後も充実した毎日をお過ごしください。お祈り致しております。

  • #201

    ののさん (日曜日, 12 11月 2017 13:55)

    真理さん、

    先日はファンクラブでお誕生日パーティーに行けて本当に良かったです!
    真理ちゃん病、って診断されましたが(笑)

    お会いするのは初めてでしたが、真理さん、大活躍されていた当時と変わってないと思いましたよ。 音楽を愛する気持ち、 ファンの皆を思う気持ち、
    しっかり伝わってきました。  

    見えないところで、色々と苦労されていたようですが、もう全く気にしなくていいですよ。 ありもしないことを言う人って、いますから。

    真理さんは、今も多くの人に愛されているんですよ。 決して忘れることなんてないですし~(笑)。

    会って気さくに話をしてくれたファンクラブの方々は、みんな真理さんに元気づけられた、って言う人ばかりでしたね。  元気づけられたから、真理さんにお返ししたいって言ってましたよ。 
    他にもそう思ってる人、いっぱいいますよ~!

    私も実際、真理さんの音楽から、結構助けられたんですよ。 ありがとうございます!! 毎日真理さんの曲、CDが擦り切れるくらい、聴いています!!

    今でも真理さんが元気でおられること、真理さんを応援する人達がいること、
    ファンクラブの存在があること、これらだけでも本当にすごいと思います。 また誕生日パーティー、来年も行きます。 遠くても、必ずいきます! またお会い出来る日を楽しみにしています!

  • #200

    幸福を売る男 (水曜日, 08 11月 2017 23:17)

    10/29に埼玉県秩父市でNHKのど自慢がありました。真理ちゃんの歌で出場したいと思い応募していたのですが、予選にも出られませんでした。応募総数が、1181組で予選に出られるのが250組、本線が20組。残念。

    「愛のアルバム」を2ヶ月間毎日振り付けも入れて練習してました。だいたい歌唱が1分間、トークが10~20秒なので、話すこともすべてセリフのように添削し何度も頭も中で繰り返したものです。予選までいければ可能性あるかなと思っていたのですが・・・
     
     真理ちゃんの青春の歌を若い声で歌ってほしいと思います。若い人に知ってもらい、歌い継いで頂きたい。何とかそれをアピールするため、近くにのど自慢が来たら、また挑戦します。

  • #199

    こんどう ただまさ (日曜日, 05 11月 2017 16:27)

    お誕生日おめでとうございます

  • #198

    色鉛筆 (月曜日, 30 10月 2017 19:50)

    季節の移り変わりの速さには驚くばかりです。 秋を飛び越して冬へ突入しそうなこの頃です。如何お過ごしですか。 間もなくお誕生日ですね。おめでとうございます。仕事中の昼休みは毎日真理さんの歌を聴いています。 いつも感じるのですが真理さんの歌声を聴いていると真理さんの顔の表情を思い浮かべてしまいます。 そうなんです歌声を聴くだけで表情が瞼に浮かび上がってくるのです。だから歌声だけでなく表情にも癒されます。最近Face Bookの更新が少なくてさびしく思っています。首を長くして待っていますよ。 楽しいお誕生日パーティーでありますようにそしてこれからもお体を大切に。

  • #197

    makomako (月曜日, 23 10月 2017 18:08)

    久々の姪っ子の結婚式で上京し、台風の影響で遅れています。
    いつも飛行機嫌いで、新幹線やフェリーを利用するのですが、真理さんの歌をいつもウォークマンで聞いて過ごしてると、直ぐに着きます。
    プレミアムをすべて落としています。
    また今から、又待ち時間及び機内で聞いて過ごします。
    本当に色んな気持ちを落ち着かせてくれます。
    真理さんの最高の歌唱や曲に大感謝です。
    今まで途中応援できなかった事を悔やんでいます。
    真理さんごめんなさい!

  • #196

    KAZ (土曜日, 21 10月 2017 23:00)

    真理さんと「お辞儀」

    先日、45年前の小学生の時にがんばって入手した、1stアルバムのポスターがネコババされたままになっていたことに気づき、知人を説得しアルバムの完品をなんとかゆずってもらいました♪
    帯に付いていたアンケートハガキもそのままで、状態も良く文字通りのパーフェクトさに大満足♪
    書き込まれたままになっていたそのハガキに目を移すと、購入理由に「天地真理さんが好きだから」とただ一言♪年齢は14歳。「コレだよコレ・・♪」と思わず心の中で叫んでしまいました。
    私の場合は当時12歳。小学生や中学生がシングルレコードではなくアルバムを買ってまで歌を聴きたくなる歌手「天地真理」。
    当時の友人が持ってくる、アームに10円玉を乗せて聴くプレーヤー。
    聴こえてくる力強くあたたかい歌声、ジャケットを眺めているだけでも反抗期の小僧も素直な気持ちになれたものです。
    さて、念願のポスターとの45年振りのご対面♪
    「う・・美しい・・♪」(素直な気持ちです♪すいません・・・)と思うと同時に、歌の合間によくお辞儀をしていた当時の真理さんの姿を思い出してしまいました。
    やっぱり「水色の恋」「白いバラの道」「ひとりぼっちの私」は昔も今もずっと私の宝物です。
    真理さん!「良い歌」をありがとうございます♪

  • #195

    ののさん (月曜日, 16 10月 2017 01:53)

    真理さん、

    ここ最近、真理さんの音楽ばっかりきいていますよ!

    僕は世代違うので、真理さんが大活躍されていたときとの接点はないですけど。 

    でも、今聴いても、すごく心に響く名曲ありますよね。

    70年代は高度成長期で仕事も相当忙しい時だったはずなんでしょうけど、
    真理さんがいたからこそ、乗り切って来れた、って人、きっとたくさんいると思います。

    今の若い世代の人は、ほとんど真理さんのことを知らないはずです。 

    そして、今は真理さんほどの人はいません。

    もし、今の人たちが、偶然でも真理さんを知ることがあれば、
    きっとファンになる人も多いだろうし、
    ファンになれば、いろんな苦難も乗り越えていけると思うんです。

    犯罪も減って、もっと人を大事にする人が増えていく気もします。

    そんなことを曲を聴きながら、ふと考えたりしました。 僕も色々と大変なことあっても、真理さんの音楽で助けられているんですよ。

    いい曲、たくさん、本当にありがとうございます。

    最近、随分冷えてきましたね。真理さん、スタッフのみなさん、
    体調くずさないようにお過ごしくださいませ。

  • #194

    KAZ (日曜日, 17 9月 2017 21:29)

    「君を知るや南の国」「天地真理オンステージ」そして「私は天地真理」

    プレミアムボックスが我が家にやって来てはや2年あまり・・・
    文字通りこの箱の中に収められた「歌・音」だけを聴いてきました。
    特に上記の三枚のアルバム音源は、ほぼ毎日・・・・・♪
    「君を知るや南の国」「天地真理オンステージ」では「スゲェ・・・♪」を連発し、「私は天地真理」では「いい歌手だなぁ・・・たまんない声だなぁ・・・♪」を数え切れないほど口にしています。
    タイトルさえ忘れていた「白いバラの道」、なのにその詞と歌声だけはしっかりと胸に刻まれていたことへの驚きと感動。そして取り戻した「忘れもの」を大きな喜びに変えてくれる真理さんの存在。
    「煮詰まった人生から青春を取り戻した」などという「言葉」では片付けられない充実感でいっぱいです♪
    いよいよ「童話作家」・・・最後の音源です。
    アルバムが何を話してくれるのか、「童話作家」が「矢車草」がどんな輝きをみせてくれるのか、今からホントに楽しみです♪
    またお会いできる日を夢見て・・・ガンバルぞー!(コンサート行けないけど・・・/泣)

  • #193

    ののさん (火曜日, 29 8月 2017 01:02)

    真理さん、

    コレクション展にもいきたかったけど、
    スクリーンコンサートも今月と来月も行けずです。
    すみませーん。。。

     まだ一度しか行けてないですが、もしこの文章見られている方で、コンサートまだ行ったことがない方がおられましたら、
    是非、スクリーンコンサート、行ってみて下さい。

    超おすすめです。 音響も最高です!!

    音源や画像など、今に残っているだけでも、すごいことですが、臨場感たっぷりで見られます。

    遠かろうが、多少の予定があろうが、変更してでも、一度は必ず行ってみるべき、スクリーンコンサートです。

    むっちゃ感動します。。。 7月のスクリーンコンサートの思い出が忘れられません。。。

    それでは、真理さん、 ファンクラブのスタッフのみなさん、
    秋が近づいて気温も変わりやすくなってます。

    お体に気をつけてお過ごしいただければ、と思います。

  • #192

    埼玉の真理ちゃんファン (月曜日, 14 8月 2017 15:48)

    8月12日、13日に開催されました天地真理ファンコレクション展にお伺い致しました。
    13日に友達とお伺いしまして、すごいコレクションの量でビックリしました。
    拝見しているうちに、中学生当時に戻った感じで、わくわくどきどきした気持ちになりました。

    TVのCMの真理ちゃん自転車や、味の素の景品の真理ちゃんバック等、ブロマイドや出演映画資料など、貴重な秘蔵コレクションばかりでビックリしました。
    また、当日は娘さんの真保さんにも会えて、ラッキーでした。

    今度はスクリーンコンサートへ行ってみたいと思います。

  • #191

    ひろし (土曜日, 12 8月 2017 21:12)

    本日、「天地真理ファン・コレクション展」に行ってきました。

    ファン歴2年の私は、当時のグッズ等は何一つ持っていません。
    会場一面に張られた、ポスターや写真、雑誌記事等々、ただただ見入って
    しまいました。

    特に当時の雑誌のインタビュー記事は、興味深く、真理さんの当時の人気ぶりや、お人柄がうかがえます。

    中でも印象深かったのは、「嬉しかったことは?」の質問に、「歌が上手く歌えた時、でも2回しか無かった」と答えていたことです。

    あれだけ素晴らしい歌唱なのに、ご本人は満足していない。もっと上手に、もっと多くの人々に喜んでほしいと思って日々努力していたのですね。

    スポーツでも、芸術でも、仕事でも「これで良い」と思ったら進歩はありません。やはり真理さんはただのアイドルではなく、本物の「プロの歌手」だったのだと思います。

    このような、貴重なイベントを開催してくださった有志の皆様、ありがとうございました。

    真理さん、真保さん。まだまだ暑い日が続きそうです。お身体に気を付けてお過ごしくださいませ。



  • #190

    ののさん (水曜日, 09 8月 2017 22:54)

    真理さま、

    ファンクラブの会報とどきました。 ありがとうございます!!

    超感動です!!やばいです!!。 どこにお礼、お伝えしたらいいかわからないので、

    こちらにとりあえず投稿させていただきたいとおもいます。

    初めての先月, 偶然、YOUTUBEの動画で、天地真理さんの存在を知り、7月のスクリーンコンサートにいって、ファンクラブに入会したばかりです。

    今の若い世代の人にも十分すぎるほどの方だともちろん思います。(多分、知らない人が多いと思いますが、もし、何らかの形で天地真理さんを知れば、かなりの若い人もファンになっちゃいますね。。。)

    しかし、それだけでなく、
    天地真理さんのお人柄、そして、スクリーンコンサートで、明らかに世代違うにもかかわらず、気さくに話をかけてくれた人がいたこと、
    おそらく、天地真理さんと同じように心優しい人が集まってるんだろなぁって、いろんなこと思い出します。

    決して過去の人なんかじゃなく、 現在も活躍中の方だってことがよくわかりました。人柄なんて、今も全然変わっていませんね。 
    まだまだ現役、って思いますよ。

    今日、ファンクラブから封書が届いて、とってもいい一日でした。
    ファンクラブ事務局のみなさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございます。

    元気でいていただけるだけでもうれしいですが、ファンクラブの存在、そして現在のご活躍、世代なんてもう関係なくうれしいですね。

    今月もスクリーンコンサート行きたいのですが、予定重なり、断念です。

    でも、また必ず行きます。

    それでは、真夏の暑い日が続いてますが、体調管理など気をつけていただければと思います。元気でおられることが一番うれしいですから。
    これからのご活躍も期待しています。

    そして、いつかお会い出来る日があれば、って楽しみにしています。

    これからもどうぞよろしくお願いします。

    長文となってしまいましたが、本当、ありがとうございます。

    それでは、お元気で。

  • #189

    ponkee (木曜日, 03 8月 2017 16:53)

    真理様、
    私も先日、初めてスクリーンコンサートへ
    行かせて頂きました。

    私も↓の「ののさん」同様、リアルタイムの真理様を知らない
    世代ですが、真理様の熱烈ファンの主人がいつも聞いてるCDで
    往年のヒット曲を覚えてから行きました。感動しました。

    無理な要望かもしれませんが、ホントのコンサートを是非
    見たいです。現在の真理様の歌声も素敵です。

    是非ファンの方のためにも、ご検討よろしくお願いいたします。

  • #188

    天空 (月曜日, 31 7月 2017 15:06)

    真理ちゃんのオリジナル曲に見える海の風景を考えてみました。

    海にたくした願いは、春の夜の波が穏かな海でしょうか。
    大分暖かくなって海辺にいても寒さが辛くない時期ですね。
    ボードウォークに設置されているベンチに座って、海を見つめている少女が思い浮かびます。

    恋と海とTシャツとでは、真夏になっていない海開き前の、涼やかな朝の砂浜が見えてきます。

    愛の渚は、お盆が過ぎて少し日が詰まってきた頃の夕暮れの海ですね。
    この時期になると影が伸びてきて秋の気配が感じられます。

    夏を忘れた海は、やはり冬でしょうか。
    冬の海は人気がなく、波が荒くなり、澄んだ水色の空と白い雲と青い海のコントラストが鮮明になります。

    海辺まで10マイルは特定の季節に限定されない感じがしますが、真理ちゃんにしてはレアなカレッジポップス調で、海岸線をドライブしてる雰囲気が良く出てるんじゃないでしょうか。

    海をテーマにした曲だけでなく、真理ちゃんの作品は曲調やテーマがバラエティに富んでいますし、いろいろな方が作詞、作曲を手がけていて、意外な方も含まれていますね。
    こうした多様性も真理ちゃんの作品の魅力の一つなのではないでしょうか。

    これからも、そんな真理ちゃんのオリジナル作品を増やしていってほしいと思いますが、それに関連して、「秋にあなたと」はCDやダウンロードでリリースする予定はないのでしょうか?


  • #187

    のの (火曜日, 25 7月 2017 22:38)

    真理さん、

    暑い日が続きますが、お元気に過ごされていますでしょうか?
    先日、初めてスクリーンコンサートを見に行きました。

    私は1975年生まれですので、74年のコンサートは生まれる前です。
    先月、動画を通して天地真理さんのことを知ったものです。
    そして、レコードプレーヤーもないのに、オンステージのLPを購入しました。 聴きたいけど聴けず、でした。
     そして、初めて聴いた(見れた)のが、先日のスクリーンコンサートでした。
    もう、感無量で言葉になりません。  遠くからでも、東京行って本当に良かったと思っています。 音楽、人柄、もう最高です。

     正直な気持ちですが、天地真理さんが大活躍されていた時に、青春時代を過ごされた方は、本当幸せだと思っています。 辛いことも、乗り越えられたんじゃないかなぁって思います。

    世代関係なく、愛されている人だって言うことが、たった一度見に行ったスクリーンコンサートやファンクラブの存在だけわかりました。

    人生初の、ファンクラブにも入会させていただきました。(もちろん、かっこいい、かわいい、と思える歌手はたくさんいました。 でもファンクラブに入会したいとまでは思いませんでした。 真里ほどの人は、いなかったってことです。) 

    これからのご活躍、応援しています。 本当、ありがとうございます。

  • #186

    CatTuba (火曜日, 11 7月 2017 23:35)

    幼い頃に見たテレビ番組や漫画、絵本などが、その人の人格形成に深い影響を与えることってありますよね。70年代前半は、僕はまだ幼稚園に通ってた頃。僕にとって天地真理さんは「おとぎの国のお姉さん」といった感じで、真理さんが表現していた世界は心の奥にしっかりと刻み込まれ、僕にとっての原風景となりました。
    「幸せだけがきっと待ってる どこかにあるの素晴らしい国」… 今でも、こういう想いを大切にして日々を過ごしています。

    僕が幼い頃に、真理さんがテレビなどで活躍されていたことは、本当に幸運だったなぁと思います。真理さんは、あの当時の子供たちの心の中に、たくさんのきれいな種を蒔いてくれたのだと思います。真理さん、ありがとうございます。

  • #185

    nenpi (日曜日, 11 6月 2017 11:18)

    スタッフの方?へ
    昨夜投稿させていただいた者ですが
    作成途中ものを送ったような気がしますので
    お手数ですが差し替えをお願いします。

    真理さんへ
    [あの頃]
    当時中学生、初めて「時間ですよ」でお会いしてからの数年間は、
    もう言葉では言い表せません。(今見てもあの可愛さは反則です!)
    [そして今]
    今年の5月の連休、テレビ離れ状態になり、
    時間つぶしにユーチューブを見ていたら
    真理さんの世界を発見、それになんとWebsiteまで!
    (今頃知りました、遅れてますね)
    それからが大変、一挙に中学生時代にタイムスリップ
    (気持ちだけ。体は還暦のまま。残念)
    会社から帰って直ぐ、そして休日も
    改めて貴方の姿を見、歌を聞かせていただいた結果、
    休眠中だった真理ファンが目覚めてしまいました。
    (どうしてくれるんですか!)
    40数年間しまい忘れていた宝物を発見した気分です。
    毎日心が癒されています。
    すべてあなたの存在のおかげです。
    こんなレベルの言葉でしか表現できなくて情けないですが
    生まれて初めてのラブレター?ファンレター?なのでお許しください。
    娘さんともども、今後のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。
    (陰ながらずっと)

  • #184

    色鉛筆 (木曜日, 01 6月 2017 21:28)

    季節は巡り早や初夏否真夏を感じさせるような陽気になりました。 如何お過ごしでしょうか? 昨年の45周年記念パーティ会場は、Mさんを見つめる熱き眼差しで満ち溢れていたことでしょう。 当日のスナップ写真で、髪を長くしたMさんを拝見しました。 こんなに長い髪のMさんを見たのは初めてです。 好いですね。 豊かで長い髪はやはり女性らしさを引き立てますね。 長い髪のMさんを拝見出来て満足しました。 ♪そんなに見詰めないで髪の毛長くしたの 新しい~♪ この曲も好きですね! 有難うございます。 暑い季節を迎えますが、これからも健康第一でご自愛ください。

  • #183

    遠 い 夏 (日曜日, 21 5月 2017 17:55)

    遠く離れた田舎住まいなので、せめて 年に一度くらいは
    真理ちゃんに お会いして 直接、お祝いを述べたいものですがねぇ~

    会いたいな ~  ~ ぁ

  • #182

    横浜市 フーテンの寅太郎 (木曜日, 11 5月 2017 21:58)

    ハスキーボイスの真理ちゃんへ
    虹をわたって ひとりじゃないの 恋する夏の日 恋と海とTシャツと・・・・
    生で真理ちゃんを初めて拝見したのはNHKホールでの生放送「歌のゴールデンステージ」(恋人たちの港)でした。出演者の中ではピカイチの存在でした。明るく愛くるしいお顔立ちは群を抜いていたと思います。
    その後企業戦士の一人として歌番組等見る暇がありませんでした。
    引退した今は you tube で懐かしく拝見させていただいております。
     愛のアルバム 初めての涙 さよならこんにちは等は新曲を聴く感じでとても新鮮です。
    いつまでもお元気でいてください。私はあなたより二歳年上です。
    今は古寺社巡りを楽しんでいます。悩みはつきませんが、心の整理はついています。あとは生きられるだけ生きるつもりダーと開き直っています。
    ではまた。

  • #181

    通りすがり (火曜日, 02 5月 2017 00:02)

    すみません。ファンではないです。天地真理さん、正直すっかり忘れてましたが、YouTubeで発見した想い出のセレナーデ を久しぶりに聞きましたが、本当にいい曲ですね~

  • #180

    KAZ (月曜日, 01 5月 2017 00:13)

    スクリーンコンサート・・・それは願いが叶う夢のフィールド

    えっ・・・あれっ・・・まさか・・・ウソ・・・真理さんが動いてる・・・
    リサイタル一部の凄まじい盛り上がりにもどうにか(号泣することなく)もちこたえ、真理さんのMCにうながされるように、第二部をリラックスして楽しもうとしていた矢先、なんとスクリーンの中の真理さんが動いているのです。
    驚きが確信にかわり、そして感動から喜びにかわりました。
    私にとってそれはまぎれもなく、心から歌を伝えるステージ歌手としての真理さんの姿でした。
    かつて「水色の恋」を歌う姿に心ひかれた田舎の小僧だった私は、ステージで歌う姿など叶うことのない夢でした。
    「ひとりじゃないの」「若葉のささやき」でのさりげない動き、「愛の休日」のゆったりとした手ぶり・・・けして派手ではありませんが、歌声・サウンドとリンクした「歌手天地真理」の感動的な姿でした。
    絶対また会いに行きます♪(デビュー当時の秘蔵映像もよかったです♪)
    真理さん、スタッフの皆さん、今日は本当にありがとうございました♪

  • #179

    KAZ (土曜日, 22 4月 2017 22:57)

    「号泣親父」念願の原宿へ参ります!

    やっと・・やっと・・スクリーンコンサート参加できそうです♪
    ついに・・ついに・・超絶メンバーと真理さんのとのコラボ、
    体感できそうです♪
    いまだ「君を知るや南の国」の歌声の感動から抜け切れずにいますが、それはそれ、ひとつ戻ってダブルで・・・いや「私は天地真理」とトリプルでなどと欲張っちゃってる私です♪まさに「天使の約束」の「しあわせ~・・・」のフレーズが体中をかけめぐっている感じです♪
    その日が来るまで少なくてもあと一週間、真面目にやります!

    「矢車草」の低音のビブラート・・・シビレます!
    「ひとりぼっちのデート」・・・心に花が咲きます(恥)!
    真理さんの歌声にはまりにはまっている幸せな私です♪

  • #178

    ひろし (金曜日, 21 4月 2017 15:41)

    真理さん、バースデーカードありがとうございました。

    初めていただいた、昨年の感動がよみがえってきました。

    多くの会員の方々に、1枚1枚手書きで心を込めて書いてくださる、その姿を思うと、真理さんの優しく、暖かい気持ちが伝わってきて、胸が熱くなってきます。

    そんな思いが込められた、真理さんの歌には、本当に不思議な魅力があります。
    毎日毎日、就寝前の1時間は、真理さんの歌を聴いています。
    疲れが取れて、元気モリモリになります。

    真理さんもお体に気をつけて、元気でお過ごしください。

  • #177

    風うさぎ (火曜日, 28 3月 2017 16:23)

    こんにちわぁ~(^O^)/
    日に日に暖かく春めいてくる、って思ったのが、寒くなったり暑くなったり・・・風邪など召されませんように(#^.^#)
    さてさて~
    私には真理さんみたくピアノもじょうず、ギターもじょうず、っていう知り合いがいるんですけど、音楽教室を開いて、けっこう繁盛しているみたいです。
    真理さんも、こんなふうに音楽教室とか開けば、きっとたくさんの生徒さんが集まるんじゃないかしら(^^♪
    親御さんが真理さんのファンだったりすれば、なおさらですよね~
    真理さんも、きっと楽しい、って思いますケド、いかがでしょうか?
    (●^o^●)
    ダメかなぁ~(;^ω^)

  • #176

    tenchi (月曜日, 13 3月 2017 19:10)

    3月17日(金)の午後1時からの歌謡スクランブルで、一曲目に、「若葉のささやき」がかかることになりました。
    リクエストの甲斐がありました。これからも、歌謡スクランブルや歌の日曜散歩などに、真理さんの歌をリクエストして広めましょう。

天地真理 
天地真理 

天地真理メッセージ
「歌」について・・・
音 楽/子守唄「母の愛」
作 曲/天地真理
ピアノ/有木竜郎
天地真理ファンクラブ事務局スタッフ facebook 始めました!

ツイッターとあわせて 最新イベント情報などを発信して参ります。どうぞ、ご利用ください!

祝♪ 天地真理ファンクラブからオリジナルCD発売中!

天地真理 の初作曲作品 子守唄「母の愛」ほか収録!

 SHOPページ で試聴できます。

ファンクラブ事務局スタッフTwitter

JASRAC許諾番号:S1207052489
JASRAC許諾番号:S1207052489

当ホームページで使用する天地真理の画像の著作権は株式会社ソニー・ミュージック・ダイレクトに帰属し、当ホームページは使用許諾を得ています。